So-net無料ブログ作成
バスフィッシング ブログトップ

あわい期待が・・現実に [バスフィッシング]

この前の福島遠征にてむなしく折れてしまったTAV62SMLJだが、
今日、TIEMCOに連絡したところ、TAVは製造中止で、在庫もないので
TAV-GP62SMLJと交換してくれるとの事。 

私が描いていた 『あわい期待が・・現実に!』

最新バージョンが手に入るし、不幸中の幸いということで・・・


nice!(0) 

そして、霞ヶ浦へ [バスフィッシング]

ニューアイテムをGETした貧乏バサーは『霞ヶ浦』へ向かった。

そこは『常陸利根川』 1995年8月 朝4時 まだ薄暗い状況からの釣行である。

5gのジグヘッドにゲーリーの4インチグラブをセットし、第1投を投じる。
ベイトリールの第1投目はバックスラッシュもなく、自然にいけた。

ゆっくりと4インチグラブを泳がせるように引いてくると・・・

”ぐん”という手ごたえを感じ、あわててロッドをたてた ”バシャ バシャ”と
静かな朝に響きわたる。 

第1投目にして38cmの初バスGET! 

ここで、あさはかなバサーは『やっぱり、霞ヶ浦だ!』 と思う。

その後も立て続けに30cm後半を5本もGETし、気分よく帰宅!

それから、毎週 『常陸利根川』 に通う週末バサー生活が始まり、
バスフィッシングへの巨大投資が展開されるのであった。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

その後のバサー貧乏は・・・ [バスフィッシング]

あさはかなバサーは古いラーメン屋の白黒テレビのように、
棚の上に上がり、『やっぱり安いロッドはダメだ!』とつぶやく。

次の週、妻にまた

『やっぱり安いロッドはダメだ!』
『それにリールを巻くたびに”カリカリ”音がするしぃー』

と切実に訴えて

妻から1万円+手持ち5千円の合計1万5千円を握り締め、

また、有名な釣具屋『キャスティ○グ』に向かった。

店に到着し、店内をまるで万引き犯のごとく、ぐるぐる回った。
1,980円のリールはスピニングタイプであったが、店内を見て
ベイトタイプのリールが気になる・・

スピニングの第1投を木に引っ掛けた奴がベイトリール?
うぅ~悩む!!

技術のない人間に限って、雑誌から得た知識だけは豊富で、
且つ、形から整える傾向が強い。(なかなかの心理分析)

悩んで。 悩んで。 悩みぬいて。 3時間が経った。
店員からも 『こいつ何時まで居るんだぁー』 の視線があびせられる。

よし! 決めた! バスフィッシイングはベイトリールだ!

そして、ダイワ製の6千円のベイトリールと7千円のロッドを購入。
ルアーもゲーリーヤマモトの4インチグラブを1袋購入し、握り締めた
1万5千円は店員へと手渡された。

店員 『やっと、帰るよこいつ! フゥー』

お客 『帰ってやるよ! フォー』 


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

それは10年前から始まった・・・ [バスフィッシング]

それは10年前、友人と共にかの有名な『上州○』に行き、
1,980円のリールとロッドのセットを購入したことから始まった・・

はじめは釣り場も何処へ行っていいのやら、さっぱりわからず、
とりあえずは近くの千葉県は柏市に存在する『手賀沼』出向いた。

数人のへら師、鯉師は見受けられるが、バサーはいない。
当時はかなり、水も汚く、ここに居るのだろうか疑いを持ちつつも、

まずは第1投・・・   いきなり岸際の木に引っかかるありさま、
その木に引っかかったラインを外そうと、ロッドを ”くぃっと”
手前に引いたとたん『 ピキ! 』といやな音がした。

うぅ! ロッドが折れた!!

そして、バサーとしての初日は終わり、バサー貧乏が始まったのである。


nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
バスフィッシング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。